ブックタイトル松村電機製作所 総合カタログNo.19-1

ページ
123/136

このページは 松村電機製作所 総合カタログNo.19-1 の電子ブックに掲載されている123ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

松村電機製作所 総合カタログNo.19-1

データ&情報・演出空間用の器具です。演出空間の用途以外には、使用しないでください。 一般用照明器具として使用する製品ではありません。・器具の本体質量に見合った取付金具を使用してください。 取付金具の選定を間違うと落下し、物的損害・けがの原因となります。・器具の取付・設置には、可燃物と器具周辺面(照射方向を除く)との最小距離を本体表示及び取扱説明書に従って正しく取付け てください。指定距離より近すぎると、火災の原因となります。・集光形照明器具と被照射面の距離は、本体表示及び取扱説明書に従って十分な距離をとってください。 指定距離より近すぎると、被照射物の火災の原因となります。・器具の使用角度に制限のある器具があります。 本体表示及び取扱説明書に従って正しく使用してください。 使用角度範囲を超えると、器具の破損の原因となります。・器具の取付・設置時は、電源ケーブルやDMXケーブルを器具本体に接触しないように取付けてください。 接触していると火災の原因となります。・器具の点灯中及び消灯直後は、本体周辺を素手で触らないでください。 本体周辺が高温のため、やけどの原因となります。・配線工事は、電気設備技術基準・内線規定を遵守して行ってください。 正しい工事を行わないと火災・感電・故障の原因になります。・装置の通電点検は、電気工事士などの有資格者が行ってください。 感電のおそれがあります。[LED照明器具]警 告・この器具は屋内用です。屋外で使用しないでください。屋外で使用すると、感電・火災の原因となることがあります。・この器具は最高周囲温度以下で使用してください。破損・変形・火災の原因となることがあります。・器具の取付・設置前・使用前に必ず取扱説明書または注意書をよくお読みください。 また、お読みいただいた後は大切に保管し、必要なときに活用ください。・器具、電源部の取付・設置に方向性のある器具があります。本体表示及び取扱説明書に従って正しく取付けてください。 指定以外の取付けを行うと、器具、電源部本体の破損や火災・けがの原因となることがあります。・電源部を重ね設置すると電源部の放熱により過熱状態になり、機器の破損・火災の原因となります。・電源部はアース接続(D種接地)してください。アース接続をしないと感電の原因となることがあります。・この器具は精密機器です。衝撃のかかる操作棒などでの操作は行わないでください。 器具の損傷、不点灯、フリッカおよび異音の発生等の可能性があります。必ず手で操作してください。・ハロゲン器具等と同時に使用する場合は、本器具から十分に遠ざけてください。熱により破損、溶解の原因となります。・LED集積基板には直接手で触れないでください。点灯時は高温になります。注 意・演出空間用の機材です。演出空間の用途以外には、使用しないでください。一般用照明機材として使用する製品ではありません。・機材の本体質量に見合った取付金具を使用してください。 取付金具の選定を間違うと落下し、物的損害・けがの原因となります。・機材の使用角度に制限のある器具があります。本体表示及び取扱説明書に従って正しく使用してください。 使用角度範囲を超えると、機材の破損の原因となります。・機材の取付・設置時は、電源ケーブルを照明器具本体に接触しないように取付てください。接触していると火災の原因となります。・アイリスシャッタは、可動部に指を入れないでください。けがの原因となります。[照明機材]警 告・この機材は屋内用です。屋外で使用しないでください。屋外で使用すると、感電・火災の原因となることがあります。・この機材は最高周囲温度以下で使用してください。破損・変形・火災の原因となることがあります。・機材の取付・設置・使用前に必ず取扱説明書または注意書をよくお読みください。また、お読みいただいた後は大切に保管し、 必要なときに活用ください。・機材の取付・設置に方向性のある機材があります。本体表示及び取扱説明書に従って正しく取付けてください。 指定以外の取付けを行うと、機材本体の破損や火災・けがの原因となることがあります。・機材のフィルタホルダ枠にカラーチェンジャ等の付属品を装着する場合は、フィルタホルダ枠の許容荷重に見合った付属品を 使用してください。機材本体の破損、付属品が落下し、物的損害・けがの原因になります。注 意120